医療法人喜修会 新井歯科医院

桶川市の 医療法人 喜修会 新井歯科医院 小児歯科,一般歯科,歯科口腔外科

〒363-0013 埼玉県桶川市東1-4-2
TEL 048-771-1162

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

 

おけナビ
トップページ»  お知らせ

お知らせ

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1

幼稚園にて歯科検診

今日は木曜日の休診で、スタッフ総出で2ケ所の幼稚園に、歯科検診に行ってきました。園児たちは、とても元気で活発で、我々に協力してくれて、スムーズに楽しく検診を進めることができました。昔と比べて格段に虫歯が減ってますね。

歯は構造的に噛む面に小さな溝があり、歯ブラシでは汚れがとりきれなくてどうしても虫歯になりやすいのです。特に大人の歯の生え始めの時期は虫歯になりやすいです。

そこで予防填塞という予め溝を埋めてしまうことで虫歯を防ぐことができます。気になりましたらご相談ください。

幼稚園歯科検診

 

2014-06-06 15:11:00

インプラント治療にかかる諸費用について

インプラント治療の費用についての問い合わせが多いので、
大体のところ、かかる費用についてご説明いたします。

1.下部構造の埋入時(一次オペ時)一本当たり約15万円
2.上部構造の装着時、種類により、4万円~9万円

以上が、基本的な当院での価格設定です。
本数により、多少の違いが生ずる場合がありますので、
正確な費用については、随時、お問い合わせください。

 

2013-08-07 15:06:00

スポーツ用マウスピース

スポーツ用マウスピース(7,000円~、口腔内清掃等含む)ご使用のお勧め

ラグビーやサッカー、バスケットボール等、激しいスポーツの際には、歯や顎を守る為に、マウスピースの装着を薦めます。
以下、比較的簡単な手順で自分専用のマウスピースができます。また、就寝時の歯軋りや食いしばりの防止にも応用できます。

 1)歯や歯肉のチェック
 2)口腔内清掃(歯石や歯垢の除去)
 3)印象採得(歯の型をとる)、模型の作成
 4)模型に合わせてマウスピースを製作(材質:EVA樹脂)
 5)必要に応じて調整

スポーツ用マウスピース

 

2013-02-08 15:04:00

着色をきれいに落としましょう

下顎前歯の汚れに対し、ステインクリーナー(3個入り、525円)使用後、ポリッシングを加えた症例。

ブラッシングだけでは落ちない、歯の着色、汚れがあります。コーヒー、ワイン、タバコのヤニなどの着色をきれいに落としましょう。

ステインクリーナー

 

2012-05-01 15:01:00

口腔ケアアイテムあれこれ

 

口腔ケアアイテム

 

2012-04-19 14:58:00

審美性を重視した治療の一例

エステニアインレー及びエステニアクラウン適用例、成人男性

お口の健康

 

2012-01-15 14:52:00

お口の健康相談室設置のお知らせ

12月1日より、お口の中の健康について『悩み無料相談室』を設けましたのでお知らせいたします。
日頃、歯が痛い、うまく噛めない、顎が痛い、等々いろいろな不具合を感じながら、我慢をして過ごしている人も多いと思います。
治るのだろうか、治すのにいくらかかるのだろう、どれくらいの期間がかかるのだろう。抱えている悩みも様々です。
そこで、当院ではそんな悩みが少しでも払拭できればと、相談コーナーを設置いたしました。どんなことでも結構です。お気軽にご連絡ください。

(電話で済む場合、電話での応対となります。TEL 048-771-1162)

【曜日】 月、火、水、金、土(祝日は除く、12月30日~1月5日は休診)
【時間】 午前9時30分~12時

お口の健康

 

2011-12-19 14:49:00

中学校の文化祭において、中学生からの質問に答えました。

Q:歯の数はみんな同じですか?
A:乳歯列で5×4=20本、永久歯列で7×4=28本、というのが基本ですが、生まれつき足りない場合(先天的欠如)や、生まれつき多い場合(過剰歯)も珍しくありません。また、永久歯列で8番目の歯(親知らず)があり、それがきちんと噛み合っている場合、8×4=32本となります。

Q:歯は何でできているのですか?
A:ハイドロキシアパタイト(Ca10(PO4)6(OH)2)という物質からできています。

Q:なんで歯は生えかわるのですか?
A:身体の成長に合わせて歯も大きく、また本数も多くなる必要があるから、ということだろうと思います。ヒトの場合、基本的には2段階ですが、動物によっては、生えかわらない場合もあるし、何回も生えかわる場合(サメ等)もあります。全ての動物が2段階というわけではありません。

Q:なんで八重歯ができるのですか?
A:顎の成長が遅かったり、または、足りない場合、永久歯に生えかわるときに、スペースが足りなくなることがあります。乳犬歯が抜け、永久歯の犬歯が生える時に並ぶ場所がなく、歯列からはみ出て、極端に外側に出てしまったものを、八重歯と呼びます。

Q:なんで歯並びが悪いといけないのですか?
A:審美性(格好)の問題もありますが、ひとつの大きなデメリットとして、清掃がしにくいということがあります。清掃がしにくいということは、汚れが残りやすいということです。つまり、虫歯にも歯周病にもなりやすいということです。歯並びが悪くても、しっかりと清掃ができるなら、特に問題はありません。

中学校文化祭

Q:なんで虫歯はできるのですか?
  どうやって歯は虫歯になるのですか?
A:プラーク(歯垢)の中で生息する細菌(ストレプトコッカス等)が糖を栄養として摂り、それを分解して酸を排泄します。その酸が歯を溶かすのです。

Q:虫歯予防には、何が最も効果的ですか?
A:いろいろ手段がありますが、現実的には、ブラッシング(プラーク等の汚れをとる)が最善の方法だと思います。

Q:ブクブクうがいだけでも、虫歯予防になりますか?
A:やらないよりはいいですが、それで十分ではありません。

Q:虫歯菌は、なぜ夜活発に働くのですか?
A:夜(就寝時)は唾液の分泌量(作られる量)が減ります。唾液には虫歯菌の活動を押さえる働きがあり、唾液の量が減ることで、結果的に菌が活発になることになります。

Q:なんで虫歯は痛くなるのですか?
A:細菌感染により、歯の中の神経が炎症を起こしたり(歯髄炎)、歯を支える周りの組織が炎症を起こす(歯周炎)からです。

Q:虫歯ができてしまったら、どう対処すればいいのですか?
A:早期発見、早期治療が大切です。ごく初期でなければ、自然には治りません。早めに治療をするしかありません。早期であれば、簡単な処置(充填)で済みますが、重度になると、神経を取らなければならなかったり、何回も根っこの治療が必要になることも少なくありません。

Q:1日にどれくらい歯を磨けば、虫歯を防げますか?
A:回数や、時間ではありません。とにかく完全に汚れ(プラーク)をとることです。しっかり汚れがとれていれば、1日1回で十分です。全部をきれいにするためにかかる時間は、歯並びの違いや手先の器用さの違いによって、個人差があるのが当然です。

Q:正しい歯の磨き方を教えてください。
A:しっかり汚れがとれるなら、どんな磨き方でも結構です。ただし、やり方によっては、逆に歯や歯肉を傷つけてしまったり、痛めてしまう場合もあるので、注意が必要です。磨き方としては、スクラビング方、バス方、ローリング方等があります。

Q:歯ブラシの選び方を教えてください。
A:毛の硬さは、中くらいのものがいいと思います。形や大きさは、いろいろあるので、使いやすいものを選びましょう。

Q:どのような歯磨き粉を使うといいですか?
A:これも、いろいろありますが、特にフッ素の配合量には注意してほしいと思います。今、最大量は950ppmですので、この数字は確認してください。できれば最大量はいっているものがいいでしょう。フッ素の量が多ければ価格が高いというものではありません。

Q:歯磨き粉は使った方がいいのですか?
A:必ずしも必要ではありませんが、中学生くらいの年齢の場合、生えてきて間もない歯(幼若永久歯)がありますから、フッ素による虫歯予防が非常に有効です。フッ素の配合されたものを使ったほうがいいでしょう。

Q:歯磨き以外にどんなことをすればいいのですか?
A:フッ素溶液によるうがいも、虫歯予防には有効です。たまに定期的に歯石等の、ブラッシングで除去できないものを取ることも大切です。

Q:歯垢、歯石がたまる原因はなんですか?また、その予防策はありますか?
A:まず、しっかりブラッシングをすること。だだし、歯石は歯ブラシでこするくらいではとれません。歯科医院で、まめに除去(超音波で砕く、器械でとる)してもらいましょう。

Q:歯周病になったらどうなりますか?
A:歯肉から出血する(歯ブラシに血が付く)→たまに腫れる→歯の動揺が大きくなる→歯がしみる→噛むと痛い→じっとしてても痛い→グラグラになる→自然に抜ける。このように症状が進んでいきます。

Q:歯槽膿漏や知覚過敏はどうしておこるのですか?
A:歯槽膿漏(=歯周病)は、いろいろな原因で進行します。主な原因には、汚れ(歯垢、歯石等)、歯軋り等の悪い癖、片咀嚼(片側だけで噛む習慣)等があります。歯周病が進行すると歯肉の位置が下がったり、歯周ポケットが深くなります。つまり、歯の、本来、歯肉の中に埋まっているはずの根元の部分が外に出てきます。その部分はエナメル質で覆われておらず、歯が若々しい場合、そこに何かが接触するとしみるという症状が起こります。これが知覚過敏症です。

Q:一番なりやすい歯の病気はなんですか?また、その病気になるとどうなりますか?
A:一番多いのは、やはり虫歯と歯周病でしょう。しみる、痛い、噛めない等々の症状が発現します。

Q:歯周病予防はどのようなことをしたらいいですか?
A:まずは原因の除去が原則です。原因になり得るのは、歯石やプラーク等の汚れ、歯軋り等の悪習癖等があります。歯石については、自分がどれくらいのタイミング(時期)でとっていけばいいか、知ることが大切です。歯石の付きかたや付くスピードは、かなりの個人差があります。

Q:親知らずはなんで生えるのですか?
  親知らずが生える人と、生えない人がいるのは何でですか?
A:第三大臼歯(真ん中から数えて8番目の歯)が生える時期は17~18歳が一般的です。そのくらいの年齢になると、生えてきたのを親も知らない、ということで、第三大臼歯を親知らずと呼びます。ただし顎の大きさによっては生えてきてもまっすぐ並ばなかったり、斜めに生えていたりで、大体の場合問題を起こすことが多いのが現実です。また、顎の中に埋まったまま出てこれなかったり(埋伏歯)、もともと歯胚(歯のたまご)がなかったり(先天的欠如)ということもあります。

Q:キシリトールガムは効くのですか?
A:キシリトール(砂糖の代わりに使う甘味料)は虫歯菌が栄養源にできず、したがって、歯の表面が酸性にならないので、虫歯予防に有効です。また、代用糖の中でも特にキシリトールは虫歯菌の活動を抑える(制菌作用)効果があるとも言われています。

Q:電動歯ブラシは効くのですか?
  電動歯ブラシは使った方がいいのですか?
A:ものによっては動きが激しすぎて歯を削ってしまうことがあります。いずれにしても毎回使うのは考えものです。手で丁寧に磨くことを基本とし、補助的に電動歯ブラシを使うというくらいの感覚がいいと思います。

Q:デンタルリンスの使い方を教えてください。
A:飲み薬ではないので、定時に使用しなければいけないということはありません。気がついたときに使うといった感覚でいいと思います。歯磨きの後や、夜、寝る前にお口の消毒のつもりで使ったらどうでしょう。

Q:なんで口はくさくなるのですか?
A:1.口臭の種類
(1)生理的口臭
気道から由来するものと、口腔内の生理的変化によるものがあるが、要約すると次のとおりである。
1)乳幼児口臭
2)起床直後の口臭
3)空腹時の口臭
4)喫煙口臭
5)月経時の口臭
6)増齢による口臭
7)その他(摂取食品、口腔の不潔等)

(2)病的口臭
1)口腔内疾患:頻度が最も高い。高度のウ蝕(虫歯)や歯周疾患および重症の口腔内軟組織疾患。
2)気道系疾患:萎縮性鼻炎などの鼻咽頭疾患や気管支系疾患
3)その他の全身疾患:消化器系疾患、その他の癌および脳血管障害

(3)心因性口臭
自臭症など精神的なもの

3.口臭の予防法(処置法)
1)原因療法(原因疾患の除去)
2)口腔清掃(ブラッシング、歯石除去)
3)口腔内補綴物(入れ歯等)の清掃
4)洗口や酵素剤の応用
5)食習慣の改善
6)唾液分泌の促進

Q:歯軋りをやめるにはどうしたらいいですか?
  歯軋りをすると歯は削れるのですか?
A:やめようと思ってやめられるものではありません。歯軋りを続けると、歯が削れるのはもちろんですし、歯を支えている組織の崩壊(歯周病の進行)も同時に起こります。本当に歯軋りが確認できる場合は、歯を守るために、ナイトガード(マウスピース)の使用が必要になります。ナイトガードは歯科医院で簡単に作ることができます。

 

2011-10-19 14:30:00

顎関節症とは?

顎が痛い、音がする(カクカク、ジャリジャリ等)、口が開かない等、顎の関節に関する異常を総称して顎関節症と呼びます。顎関節症には、その症状が単独で現れる場合と、複数の症状が同時に現れる場合とがあります。

原因は、打撲であったり、極端に硬いものを噛むという急激な外力であったり、様々ですが、咬合(かみ合わせ)そのものが原因になっている場合も多く、その場合、どこが、どの程度悪いのか即座に判断することは非常に難しいと言われています。そもそも、病気の治療は、原因を取り除くことが原則(原因療法)ですが、原因がはっきりとわからない顎関節症の場合、やみくもにかみ合わせに手をつけるわけにもいかず、まずは、その時点で困っている症状を緩和させること(対症療法)が、治療のスタートになります。

顎関節症の対症療法には、通常、写真のようなプレート(マウスピース)を使用します。治療の期間や頻度は、状況に応じて様々ですが、対症療法により、症状を抑えながら、丁寧に原因を探っていくのが、通法となります。また、顎関節症を歯の痛みと勘違いされる患者さんも多く、的確な診断が必要なのは言うまでもありません。マウスピースを歯軋り防止(ナイトガード)的に使用する場合もあります。

顎関節症

 

2011-09-04 10:05:00

  • 件 (全件)
  • 1